このページではJavaScriptを使用しています。

三鷹、吉祥寺のひらい歯科のインプラント診療の流れをご説明

予約・お問い合わせは 0422550658
 

治療の流れ

HOME > 治療の流れ

治療全体の流れ
初診時
院長による治療 ~お口の中の治療・レントゲン診査・応急処置
 
2回目
院長による治療 ~レントゲン説明・治療方針の概要説明

お口の状態によりますが、清掃状況の悪い場合は、お口の清掃をある程度行いつつ、通常の治療を並行していきます。
さわる歯の状態や数の多さによりますが、全体的な治療方針は、ある程度の改善をみてからになる場合もあります。

痛みのある歯の治療開始・お口の清掃
 
2~3回目以降
CT撮影
 
3回目以降
専門医による治療 ~患者様とご相談の上、専門医による治療を行います

順番に、治療の必要ある歯の治療、お口の清掃と歯ぐきの治療と並行して、専門医による治療を行います。

 
安定後
ある程度お口の中が安定した後は、衛生士によるお口の管理を4~5ヶ月ごとに、30~40分の衛生管理を行い、良好な状態を継続していけるよう定期検診の実施をしております。
 
インプラント治療の流れ
診断模型の作製
上下の顎の状態を観察するための模型の作製。
 
レントゲン診断
通常は、
・パノラマレントゲン
・CT画像診断を行います。
(ケースによっては、デンタルレントゲン撮影を
行います。)
 
治療方法と費用の概略説明
レントゲン及び模型での状況説明と、
インプラントの必要な本数、費用・治療期間
の説明。
 
インプラントを入れる前に必要な口腔内処置の実施
歯周病の改善、う触の処置、抜歯など。
 
インプラント埋入手術(顎に入れる手術)
必要により静脈鎮静法を併用。
1本のインプラント埋入時間は、通常5~7分程度です。(難しい場合は10数分かかることもあります)

1.5~3 または 4ヶ月後に、

 
第二次接続処置
上部構造を作成するための処置
上部構造を入れるための型取りの処置
 
ページトップへ